〒659-0066 兵庫県芦屋市大桝町3-16 カサリナ7-201号室

営業時間
10:00~17:00(完全予約制)
 定休日  
火曜・木曜・日曜

  お気軽にお問合せください  

女帝学講座(潜在意識のセミナー・グループセッション)

女帝学講座とは

「女帝学講座」では、潜在意識の法則を学び、体験型ワークで自分にとって大切な世界観コアになるメッセージ好物の感情や状態を発見していきます。

これらを自分の中心・基準に置いて行動を選択していくと、心の底から望んでいるものがわかります。「潜在意識の望み」と「顕在意識の望み」そこが一致した時、初めて願望は実現に向けて動き出します。

自分の中心に還る「女帝学講座」

心身の営みのほとんどは潜在意識が司っていて、入ってきたモノ、情報は全自動で処理され、出ていきます。

食べたものが(入る)消化され(全自動)、排泄される(出る)ように。
取り入れた酸素が(入る)体内で消費され(全自動)、二酸化炭素として放出される(出る)ように。

思考も過去の体験をベースにプログラム化され、外界の情報(入る)に無意識的・反射的(全自動)に反応している(出る)のです。
 

心の中心部分である自我(エゴ)は、本能エネルギーと外界とを常に橋渡ししています。

成長するにつれ、幼少期に両親から受けたしつけ、周りの大人の期待、社会的なルールなどを良心や理想として自分の中に取り入れ、外界との協調を図りながら適応的な方法を獲得していきます。


本能の声を聴くのか、外界との協調を優先するのか。

しっかりと自分が中心にいて決めていますか?

周りの声を当たり前のように取り入れていませんか?
幼少期に取り入れた信念、幼少期に覚えた方法を疑うことなく使い続けていませんか?

それらは繰り返し使われることでパターン化され、潜在意識に刻まれていきます。全自動で反応しているうちに、自分の本来の望みが分からなくなっていきます。
 

自分のパターンを知り
自分の中心に戻り
自分を最大限に発揮する


その方法が「女帝学」なのです。

「在り方」を整える

潜在意識の仕組みを知ると、その特性を活かして自分の「在り方」を変えることができます。

「在り方」が人に影響を与え、現実を動かしていきます。
 

「在り方」を変えると言っても、自分を変えるわけではありません。

自分は丸ごとそのままでいい。

自分の欠点と思うところは、見方を変えると利点になる。
自分のダメなところは、見方を変えると魅力になる。

そのままで十分素敵なのです。
 

「善人の私」だけで生きようとするから苦しくなります。

物事には必ず両面あるから、欠点も弱さも含めて丸ごと自分を愛おしいと思えるようになれば、他者に対する視点も優しくなれる。

世界は愛に溢れていることに気がつきます。


心が動くと、体も現実も勝手に動いていきます。
努力や無理をすることなく、自然と現実は変化していきます。

このような方にお勧めです

  • 現実を変化させたい方
  • 色々学んできたけれど、どう活かせばいいかわからない方
  • やりたいことがわからずもやもやしている方
  • ぶれない自分軸を持ちたい方
  • 潜在意識を活用して突き抜けたい方
  • 今の日常から大きく飛び出してみたい方
  • いつも同じパターンで人間関係がこじれてしまう方
  • 夫婦、親子の関係で悩んでいる方
  • 体型や体質が気になっている方、慢性的な不調がある方

人を癒したい、助けたいと思っている方、人をサポートする仕事についている方には特に学んでいただきたい内容です。

プログラム(※半年間のコースです)

顕在意識と潜在意識の仕組み

脳の仕組みと潜在意識とのつながり、潜在意識を味方につける方法

自己受容

自分を満たす、自己開示

自分の中心を知る

本質の「私」とは?、自分を最大限に発揮する方法

コアメッセージとコアパターンを知る

「私」の世界を作るもの、顕在意識(自我)の役割

引き寄せの法則

共振の法則、引き寄せに必要な3つのポイント

陰陽と裏表

ニュートラルの作り方、アンカリングの方法

料金表

プレセッション(3時間) 10,000円
本講座(半年間) 350,000円

 

*本講座内容

  • 潜在意識に関する講座とそれらを体に落とし込むワーク(全6回)
  • 体験をシェアし合うグループセッション(全6回)
  • くり返し学べる動画テキスト

*美と健康に関するセルフケアの方法もお伝えします。

*卒業後も、月1回開催のオンライングループセッションへ参加していただけます。
また、次期女帝学講座にも、1年間は無料で再受講できます。

女帝学講座を利用された事例

※効果の現れ方には個人差があります。

ネガティブでどす黒く人間不信だった心が少しずつ綺麗になってきて心の許容量が、いつの間にか広がっていることに今回気づけました

神戸市のAさん(30代女性)対人恐怖

2018.4

超自我とイドの関係の話が面白かったです。

Kさんと自分の好きな所と嫌いな所を言い合うワークは、人に言ってもらうと自分のイメージが変わって自分が思うほど悪くないじゃん、いいことあるよって思えるようになりました。自分を大切にするの心地いいですね。

録音されたのを聞いて、宿題のことを具体的に言うの抵抗を感じてるんだなーと気づき、もっと開いていけたらと思いました。

なぜ女帝学を受けることになったのか、みなさんの思いを聞けて嬉しかったです。あんなに喋るつもりはなかったのに、私いっぱい喋ってましたね。喋るの苦手も思い込みなんだろうな。ありがとうございました。

 

2018.4

昨日はありがとうございました。今まで自分を楽しませるのを後回しにしてきて、随分しんどい思いをさせてきてしまったなと思いました。

なんでもやりたいと思えばやればいいんだし、頭の中の登場人物より、自分のなかのただこれが欲しいとかこれがしたいを大事にしていったら道が開いて行くのを感じて安心しました。

頭で段取りをつけて前に進もうとずっともがいてきたので、案外あっけないというか、考え方しだいでどうにでもなるんだなあと思いました。

 

2018.5

自己開示してみると自分の羞恥心を感じてしまうところは案外かわいいかもと思いました。恥をかきたくないって思いすぎて、窮屈にしてたなと思いました。

許そうとしない、緩んできたら気にならなくなる、と聞いて肩の力が抜けました。

いい人じゃなきゃいけないと思い、自分の感じた素直な気持ちよりもこうあらねばと思考を優先してきたので、自分が今何を感じているのかさえわからなくなってしまっていたので、ワークを通して出来事を手繰り寄せるのは自分のインナーチャイルド探しだなと感じています。

今回参加してちょっと自分が愛おしく感じました。

 

2018.5

自己受容は5月12日の段階ではいまいち分かっていなかったけど、今回参加してみて言葉が出るわ出るわでびっくりしました。

自分が対人恐怖なのが気にならなくなってきているので、凄いな!!って思いました。

色々動いていて自分そんなに変われてないなと感じることもありますが、自己批判したりするのが前よりましになっていて生きやすくなってはきてます。

人がどういうことを言ってもオッケーとか、嫌いな自分も認めるとかまだまだ難しいですね。自分をよしよしヾ(・ω・`)もっとします。

潜在意識を学んでいると人間関係の見え方が変わって、思考の無限ループに気づけるようになってきつつあり、奥が深いなと思います。

人の好き嫌いの激しい所も自分のどの価値観で反応しているか探ると、何とも言えなくなってしまいます。

潜在意識を学んで一気に視野が広がって人生観、あわよくば性格や好き嫌いの感情など、過去の自分のパターンも変わるかも!?と期待しています。

ほんと凄いものに出会った!!!

 

2018.6

昨日はありがとうございました。

自分のドツボにはまる話ばかりしていて潜在意識とどう関わりがあるのか自信がありませんでした。自分を自己開示するのやっぱりまだまだ苦手だなと思いました。

自分のど真ん中な状態から出発する、まだちょっと??ですがもっと具体的に考えてみます。

 

2018.7

どういう自分でありたいか、そこ発のつもりが…無意識にこれをクリアーしたらとハードルを設定している自分に戻っていて、難しいなと思いました。自分変われてないじゃん…とか思ってしまうのも勿体ないので、気分転換したほうがいいなと思いました。

こんな時は思考の無限ループしやすいので、楽しいことやってみたり、美味しいもの食べてみたり、作ってみたりしてみます。

 

2018.8

御祖母さんのしつけは愛だった…とは未だに納得いかないです…ずっと嫌われこそすれ心配されているとはつゆとも知らず…これからは自分を解放してやりたいこと、わくわくすることをし、自分の気持ちに忠実に生きていきたいなと感じます。

認めれるために愛されるために、人に期待されるいい子の自分でいるのを止めて。

これを気づくのに20年以上かかったなんて、時間が惜しく感じますが、今の私だからこそたどり着ける境地もあるのかもしれないですね。今までできなかったことを経験して時間を取り返したいです…

ありがとうございます。なんだかあっけない気分です。

 

2018.8

今までの自分だったら諦めてきたことを、今の自分ならやってみてもいいかもと思い始めている自分がいます。働いて稼いだら行ってもいいとの制約を外せば色々なことができる可能性があると感じています。

オシャレも結婚もどうせ自分には一生縁がないだろうと思ってきましたが、それも自分次第だなと思います。何も諦める必要はないし、できないことはやらないだけ、やれないと思っているだけで、本当は手が届くことなのかもしれないなと感じます。

今までの自分はどうせ私には…って思っている気持ちが強くて人から可能性を示唆されても、今までの自分ならイヤイヤ私には無理っしょっ、てことがいまはアリかも!?、ってなってきてます。不思議です。

とりあえず旅行の計画準備します。

 

2018.9

コアパターンを知ることで、実際に人間関係において繰り返す前に気付けて良かったです。ただ気づいても、嫌なチャンネルに合わせてしまっている自分がいるので、自分がどういう人と仲良くなりたいかとか、どういう関係になりたいかとか、ビジョンが明確でないのでもっと具体化して、嫌なことを引きずらないように気をつけたいです。嫌な人ほど頭から離れられない、考える癖を直したいです。

 

2018.9

ぐるぐるしていない時は囚われずに考えったって仕方ないし~と思えますが、今までの録音を聞き返していると…かなりぐるぐるしてた時が多かったなーと思い、ぐるぐるしても前より早く抜け出せるようになっていて成長したかな?と思いました。

嫌いな人を恋してるかのように考え続けて忘れられない…流せないことが多かったので、嫌なら嫌いな気持ちを認めて、早めに離れることと気分転換が大事だなと思いました。

あり方を忘れると巻き込まれる、でも分かっててもまだ巻き込まれてますが、ちょっとずつ人に振り回されることから、人を避けようとせずに受け流して気にしないでいられるようになりたいです。

人にもまれて慣れていくしかないですね。

 

2018.10

久しぶりに全員揃うとやっぱりエネルギーが上がって楽しかったです。自分の心のタンクが焦りや不安で一杯だったのが、自分を満たすためにこの半年間色々なとこに出かける、お茶する、自分のインナーチャイルドと向き合うことなどを通して、ネガティブでどす黒く人間不信だった心が少しずつ綺麗になってきて心の許容量が、いつの間にか広がっていることに今回気づけました。

自分がこうならなければいけないと思い込んでいる生き方だけが正解ではないことを、色々な生き方をしている人の生きざまを通して、考え方の選択肢が広がり実感を持って生きていけるんだと思えたことは凄く大きな収穫でした。

ネガティブに焦点を当てすぎて自分の身を焦がすまで思いつめやすい所はこれからの課題だなとも思うし、感情の波があってもそれがいつまでも続くわけではない、そんな自分も私だしなんとかなるさ~と言える人になりたいです。

毎回濃密で、何年か分の学びや変化が自分の中で生じたのだろうと感じます

大阪府のKさん(30代女性)生き方の見直し

2018.4

先日はありがとうございました。

今まで知識としてあったことが、京子さんの説明をお聞きする中で、自分の体験とリンクして、今までより深く腑に落ちて行く感覚がありました。

そして、ワークをする中で、自分の感情も動き、さらに理解が深まったり、心地よさや新鮮さを感じ、たくさんの刺激を頂きました。

次回も楽しみです。宜しくお願い致します。

 

2018.4

昨日はありがとうございました!

自分の中でやりたいと思ってはじめたことなのに、気づいたらちゃんとやらなきゃとか、100パーセント出来ないとと思って、自分でやる気を削いでいたことに驚きました。

そして、頑張らないと身につかないんじゃないかとどこかで思っていたんだなと。自分は比較的物事を楽しんで取り組む方だと思っていましたが、もっと楽しんでいいんだなと、少し肩の荷がおりる感じがしました。

 

2018.5

自分の中である程度自己受容は出来ていると思っていたのですが、まだ自分の中に見えていない自分の思いがあるんだなと改めて感じました。

じっくり取り組みたいと思います。

 

2018.5

自分の中には、色々な自分が居る。三年寝太郎みたいに過ごしたい自分。人の役に立ちたい自分。人から求められる頼られたい自分。甘えたい自分。責任感のある自分。適当な自分。刺激を求める自分。穏やかな時間を求める自分。

その時々で、自分の今ありたい在り方は一つではなく、刻々と変化して行くものなのかもしれない。

それを、無理にこうあらねばならないと、変化を押しとどめ、一つか二つの固定した自分で自らいようとしてしまうから、窮屈になっていたのかな。

母親だから仕方ないとか、子どもだから仕方ないとか、私の方が仕事少ないから仕方ないとか。

窮屈な状況を変えるよりも仕方ないと諦めて、窮屈な自分には目をつぶって、だってまだ頑張れるしって、限界じゃないしって、力を抜くことに罪悪感もあったように思う。

そんなに頑張らなくても、自分が本当に望めば、自分が思うよりも簡単にそれは手に入るのかもしれないなと、少し思えてきました。

そして、私は今まで本当によく頑張ってきたんだな。歯を食いしばって、涙をこらえて、必死だったんだなって思いました。もっと自分を労ってあげなきゃとも感じました。

そして、これから私は何を望み、どうなっていきたいか。そのために今ある時間を大切に使いたい。

目の前にはやらなきゃいけないことは山ほどあるけど、今私に大切なのは、自分を癒し、自分のやりたいこと、感じていることをしっかりキャッチすること。

これかなぁと思いました。

 

2018.6

自分の心地いい状態や、好きなことが、今回改めて確認出来ました。

私は普段は他人との距離感が気になる方で、自分がマイペースでいられる距離をとろうとする方です。でも、私は人との繋がりは温かく心地よくて好きです。

自分の時間も大切にしつつ、人との繋がりをしみじみ感じたり、一緒に過ごす楽しさも大切にしています。

今あるその心地よさや温かさは私のど真ん中の好きなことです。

まずはそれを意識しながら生活してみたいと思います。

 

2018.7

普段の生活の中では、いかに滞りなく、やるべきことをやるかに重きが置かれてしまいがちです。だから、それ以外のことにお金を使ったり、時間を費やすことに罪悪感感じたり、思いっきり楽しめなかったりすることもあります。だからこそ、芦屋に出かけるときは、普段気になる、やるべきスイッチをオフにして、自分のための時間を楽しみたいなと思います。先日は美味しい料理やお酒を素直に楽しめたなぁと感じました。

独身の時にはよくそんな時間もあったけど、最近は色々なことが気になって、素直に時間を楽しめてなかったなと。

こういう時間をこれからも月に一度くらい、楽しめる自分でいたいなぁ。私が住んでいる近所でも、良い店を開拓したいなと思いました。

 

2018.8

小さい時、遠くにいる人にも大きな声で「こんにちは~」と挨拶をしたりと、心が完全にオープンだったなぁと思います。自分の行動は、全て人から受け止められると信じていた。色々な経験を積む中で、傷つくこともあり、人との関係性に構えたりすることも覚えました。でも、基本的に人は温かいなと思うし、自分がオープンになれば、相手も緩んで、お互いの温かい部分に触れることが出来るのかなぁと感じます。

 

2018.8

自分の中で何が変化してきたのかと考えた時に、そんな言われるほど変わっただろうか?と最初思いました。でも話をする中で、ちょっとした行動の変化や考え方の変化は、人生の方向性を大きく変えていく。価値観に変化が生じているのだときづくと、質的に大きな変化が起こり始めているのだなと思い至りました。

 

2018.9

自分の心地よさ、やりたいこと、日常生活の中でも意識して過ごせることが多くなりました。

これまでは目の前のことに追われて、やらねばならないことに縛られている感覚が強かったのですが、そこから徐々に解放されているように感じます。

その感覚を持ちながら、次にやりたいことを模索して行きたいと思います。

 

2018.9

自分の中で、小さい迷いや大きな迷い、動揺するようなことに対して、そんな自分も優しく見てあげられるようになったなと感じます。そして、色々なことを整理しながらも、どんなに時間があっても整理しきれないことはやはりあるなと納得できる部分も出来てきました。

全て整理してからでないと、自信がついてからでないと…それでは永遠にその時はこないのかな。見切り発車でもいいから、自分の思いに正直に身を委ねることは、別に悪いことではないんだなと、改めて感じました。

見通しの立たない道に踏み出すには、やはり不安も出てきて迷いも生じやすい。今が幸せなら、これ以上は贅沢なんじゃないかなとか、自分に問い続けているところもあります。でも、私はまだ刺激を求めていて、新たな刺激を楽しみたいという気持ちが心の奥底にはあるなと感じます。

いつもそんなワクワクや閃きのある毎日。そして時にゆっくり自分の時間を噛みしめる時間があれば、最高なのかなと感じます。

 

2018.10

四月からはじまった女帝学ですが、あっという間なのに、初回が何年か前だったかのような、不思議な時間間隔を感じています。それだけ毎回濃密で、何年か分の学びや変化が自分の中で生じたのだろうと感じます。30年の時間があったらというワーク、最初は難解な感じがしましたが、未来のワークの中で、自然とイメージできたこと。それをイメージしてワクワクした時、とても嬉しくなりました。

私が心理の仕事を再び志し、予備校に行き出した時、将来の自分のイメージを、今のようにワクワクと、本当になれるのかなという半信半疑な感じが入り混じりながらイメージしていたのを思い出しました。今の私は、あの時イメージしていた通りか、それ以上だなと感じます。

私がイメージした未来の姿と、今からやろうとするヒプノや、これからの家族の展望とが、どんな風に相まって、この先の将来を形作っていくのか、楽しみですし、それをまた皆さんとお会い出来た時にお話できたら、また楽しいだろうなという感じがします。

いかがでしょうか。

このように、女帝学講座で自分の中心に戻ることができると、未来は勝手に開けていきます。

女帝学講座に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

まずは、プレセッションにお越しください。

お問合せ・ご相談はこちら

営業時間
10:00~17:00(完全予約制)
定休日
火曜・木曜・日曜